【ワンピース】8体のキャラクター像は熊本のどの自治体?設置場所は

こんにちは。
KOGANEです。

熊本県出身の人気漫画家「尾田栄一郎」さんの代表作「ONE PIECE(ワンピース)」が熊本復興のために寄付した8億円の一部の資金を使って、キャラクター像を作成します。

そして熊本県内の市町村に、合計で8体設置する予定になっているのですが、各自治体が誘致合戦を繰り広げていましたが、本日(17日)ついに完結。

設置するキャラクターと自治体、そして場所が決定しました!

「どこに設置するの?」
「どのキャラクター?」
「キャラクター像っていくらするの?」

といった疑問があるともいますので、調べた情報をもとに解説していきたいと思います。

どのキャラクターが設置されるの?

キャラクターは全部で8体。
ルフィ海賊団のメンバー達「ルフィ」「ゾロ」「ウソップ」「ナミ」「サンジ」「チョッパー」「ロビン」「フランキー」「ブルック」です。

今年度と来年度に4体ずつ分けて制作される予定で、すでに熊本県庁前にルフィ像の設置が済んでいるので、残り7体。

どのキャラクターが今年作成されるかは、4月19日に発表されます。
情報が入ってき次第、更新していきますね。

4/19 追記

被災した自治体への設置が決まった8体のキャラクター像ですが、先行して制作をする4体が決定しました!そのキャラクターは下記の4体です。

  • 「サンジ」
  • 「ウソップ」
  • 「チョッパー」
  • 「ブルック」

キャラクター像っていくらするの?

今回作成されるワンピースのキャラクター像は、1体当たりの作成費用が約1000万円だそうです。

熊本県庁前に設置されているルフィ像のサイズが、高さ174センチくらいですので、他のキャラクターも恐らくそれくらいのサイズになるかと思われます。

ルフィ像は青銅(ブロンズ)で製作されており、重さは約150kgになるんだとか。

こがね
実物サイズだったら、キャラクターをリアルさを感じれて嬉しいと思うので、ちょっと期待したいなー

8体のキャラクー設置する自治体と場所は?

4月17日にワンピースのキャラクター像を設置する、各自治体と設置場所が決定しました。

各自治体はどのキャラクターが、自分たちの街に合っているかを、31の市町村がプレゼンをしたそうです。

たった8体に対して、応募が31ですから、倍率が約3.8倍です。これは東大(理科二類)入試と同じ倍率です。数字を見ただけでも、熾烈さが伝わってきます。

そして熾烈な競争を勝ち抜き、決まったのがこちらの自治体です。

ルフィ

熊本県庁前

ゾロ

大津町(大津中央公園)

ナミ

西原村(俵山交流館 萌の里)

ウソップ

阿蘇市(JR阿蘇駅前)

サンジ

益城町(ミナテラス)

チョッパー

熊本市(市動植物園)

ロビン

南阿蘇村(東海大)

フランキー

高森町(南阿蘇鉄道高森駅前)

ブルック

御船町(ふれあい広場)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です