MIX(ミックス)アニメ見逃し動画1話〜全話無料視聴とネタバレ

こんにちは。
KOGANEです。

あだち充先生の代表作といえば『タッチ』ですね。
僕も子供の頃は野球少年でしたので、タッチはよく見てました(リアルタイムではないですけど…)

どちらかといえば『H2』世代でしたが、あだち充先生の作品はどれも大好きです。漫画本もよく集めてました。

そのタッチから30年後の明青学園で巻き起こる、新たな野球ストーリーなんです。もーすでにワクワクがとまりません。

1話から始まるアニメ動画を見逃した方も、無料動画で見る方法や、ネタバレ・感想も解説していきたいと思います。

MIX(ミックス)の放送時間は?

走一郎と投馬

引用:MIX

放送局 日本テレビ系
曜日 毎週土曜日
時間 夕方5時30分

どの地域も土曜日の放送で間違い無いと思いますが、地方では1話遅れて放送される可能性もあるので、自分の住んでいる地域の放送開始日は、しっかりとチェックしておきましょう。

MIX(ミックス)を見逃してしまったら?

1週間内なら『TVer(ティーバー)』で視聴可

4月6日(土) に第1話がTV放送されましたが、次回の2話目が放送されるまでの1週間以内であれば、民放公式テレビポータル『TVer』で視聴することができます。

「見逃してしまった!」って方は、TVerを利用して動画を見るのもありです。

TV放送後すぐに『ytv MyDo!』で視聴可

TV放送に間に合わなかったけど、できるだけ早く見たいという方は『ytv My Do』を利用するといいですよ。『ytv My Do』ならTV放送後すぐに視聴可能になります。

こちらも無料で見れるのですが、TV放送後1週間以内の期限があります。

 見逃した人や放送地域外の人が視聴する方法

『Hulu』で無料視聴する

TVerの無料視聴期間を過ぎてしまったけど、MIX(ミックス)を視聴したいって方には、Huluを利用して無料視聴ができます

今のところMIXを見れるオンデマンド放送は、HuluとAmazonプライムだけです。ただAmazonプライムは単品購入のみなので、毎話課金すると結構な金額になってしまいます。

お得に見るなら2週間無料で視聴できるHuluを使うのが、賢いユーザーだと思います。

amazonで課金して見る

amazonのPrime Videoなら各話が有料ではありますが、HD(高画質)で視聴ができます。レンタル期間は30 日間で、一度視聴を開始すると7 日でレンタル期間が終了します。

1話当たりの料金は、216円とレンタルショップで借りるよりも安いので、見逃してしまった方や、月額制のHuluではなく単品を求めている方はamazonの方がお得になりますね。

原作を先読みしたい人は

コミックス

コミックスでは14巻まで発売しています。
amazonで10冊以上の購入すると7%〜10%のポイントが還元されます。この際、まとめて大人買いしてもいいですね。

Kindle

Kindleを持っている人なら、期間限定で1〜3巻まで無料で読むことができます。アニメを見逃した人や、先が気になる人はKindleアプリを使って、無料で漫画を読むのもアリです。

MIX(ミックス)第1話『明青のエース』ネタバレ

 

投馬と走一郎がキャッチボール

公式:MIX

今から約30年前。エース・上杉達也を擁して甲子園に初出場。旋風を巻き起こして初優勝を成し遂げた明青学園野球部。それ以来、いくつもの夏が訪れたが、明青学園がもう一度甲子園の土を踏むことはなかった。

そして現在、明青学園のすぐそばに、同年同月同日に生まれた血の繋がらない兄弟の立花投馬と走一郎が住んでいた。学園の中等部に通う二年生の二人。

そしてこの春、二人の妹・音美が新一年生として入学してくる。サードの投馬とキャッチャーの走一郎は、共にレギュラーとして、高等部同様長く弱いままの中等部の野球部の所属している。

しかしこの野球部は何か雰囲気がおかしかった。明らかに実力が劣るのに毎日一時間しか練習に参加しない三年生の二階堂がエースとして部の中心にいて、監督もそれを容認している。

投馬と走一郎はもやもやした気持ちを抱えながら練習を続けていた。入学式が終わり、新一年生が入部。

その中の一人、音美と同じクラスの夏野一番は、名前の通り夏の甲子園で活躍することを目標としていた。投手として自信があり、入部早々周囲にもそれをアピールする夏野は、二階堂の投球練習を見て自分ならすぐにエースになれると確信する。

しかし、優秀な夏野の投球を見た監督の黒柳は、外野に回してしまう。納得のいかない夏野は周囲に文句をいい、野球部のレベルの低さに入学を後悔し始める。

その時、監督が用事で出かけることを確認した走一郎が、投馬と投球練習を始める。その姿を見て驚く夏野。投馬の投げる球が、どう見ても二階堂よりも凄い球だったのだ。

そこにはかつて明青学園を甲子園に導いたエース・上杉達也を彷彿とさせる投馬の姿があった。キャプテンの今川に、改めて投馬のことを「……何の……レギュラーですって?」と訊ねる夏野。答える今川の「サード」の声に、走一郎のミットに収まる投馬の速球の音がかぶる。

一方、家の納戸の片づけをしていた音美は、背番号1の明青学園のユニフォームを見つけていた。果たしてそれは……。

公式:MIX

タッチは双子でしたが、今回は同年同月同日に生まれた血の繋がらない兄弟という設定。おきまりのパターンですが、これがあだち先生らしくて好きです。

最初は明青学園の中等部から始まりますね。タッチも中学3年からのスタートでしたが、MIXでは中学2年の4月からストーリーが始まります

それにしてもなぜ明青学園の背番号1がついたユニフォームが、立花家から出てきたのでしょうか。背番号1のユニフォームと、立花家の間に何か深い関係があるのか気になりますね。

ではMIX(ミックス)に出てくるキャラクターの相関図はこちら。

MIX キャラクター紹介図

公式:MIX

まだ1話では出てきてませんが、大山春夏と立花音美との恋愛も見逃せません。

相関図から見ても、妹の音美ちゃんと投馬の関係が「?」と書いてあるだけに、どのようにして二人の関係が兄弟から、恋人に変わっていくのか楽しみですね。

もしかしたら意外な展開もあり得るんじゃないのか?って想像するだけでワクワクがとまりません。

MIX(ミックス)第2話『おれが兄貴でお前が弟』ネタバレ

再婚して兄弟三人

引用:MIX

 

投馬の父親と走一郎・音美の母親が再婚してきょうだいになった三人。

少し複雑な立花家の家庭環境は、母親が自分であちこちに話しているので、近所でも知らない人はいない話だった。投馬と走一郎は誕生日が同じだったが、産まれた時間で走一郎が兄になり、投馬はそのことだけが少し不満だった。

そんな立花家に音美が一匹の子犬をもらってくる。どこかふてぶてしく、馴れ馴れしい子犬は、何故かパンチと名付けられる。

一方、どう見ても実力が上の投馬がピッチャーとして投げていないことに驚いていた夏野は、今のエースの二階堂の父親が野球部に多くの寄付をしているOB会長の息子であることを知る。

更に監督の黒柳は、同じく野球部のOBで二階堂の父親とは大親友だったのだ。自分の立場を利用してやりたい放題の二階堂に反発する走一郎は、今まで隠れてやっていた投馬とのピッチング練習を堂々と監督の目の前で行う。

日曜日、寝坊した投馬が起きると家には音美以外誰もいなかった。

走一郎は女の子とデートに出かけているという。両親も二人で出かけており、他にいるのはパンチだけ。音美を留守番に残して自分も友達の駒の家に遊びに出かける投馬は、途中の公園でデート終わりの走一郎を見つける。

音美を一人残してきた投馬は、走一郎に「おまえが一緒にいると思ったから、おれは安心して出てきたんだぞ」と怒られ、しかたなく家に戻ることに。

走一郎は、「今日はデートのダブルヘッダーだから」と、違う女の子と合流して二人目のデートに向かう。家では、音美が縁側でフルートを演奏していた。その姿を見た投馬は、音美と出会った幼いころのことを思い出す・・・。

引用:MIX

投馬と二階堂先輩の言い合い

引用:MIX

グラブやスパイクの宮田君に手入れをさせる二階堂ですが、1年の時から宮田君に、二階堂専門の用具係にされられているみたいです。

どうやら宮田君の父親は、二階堂の父親の会社(二階堂電気工業株式会社)での働いているようで、その関係を利用してやりたい放題しているようです。

1話では二階堂の性格がどうか分かりませんでしたが、宮田君への露骨な態度を見る限り、性格は悪く根に持つタイプだと思います。

二階堂が卒業した後のことも、監督に伝えると言っていたので、投馬にピッチャーをさせないために、色々な嫌がらせが起こりそうな予感がしますね。

投馬が真弓(義理の母)に呼び捨てにするよう頼む

引用:MIX

投馬は真弓(義理の母)に、「投馬ちゃん」と呼ばず呼び捨てにするよう頼んでいたシーンで、真弓さんが言ってた「差別ではなく、区別です」が賢い

血が繋がっていない兄弟だから、将来音美と投馬が付き合ったとしても、近所の方が誤解しないように根回ししているのではないか。

もしそうなら真弓さんは相当な切れ者ですね。
頭がめちゃくちゃいいはず。

だとしたら投馬の父親(英介)と再婚した理由がますます気になります。

投馬とパンチ

引用:MIX

あだち充の作品で登場する犬の名前は「パンチ」。
これはお決まりパターンですね。

音美が犬の名前を「パンチ」にした理由を、夢の中で知らない人が「命名:パンチ」の紙を持っていてたからと説明。

ちょいちょい作者が登場するところが、あだち充作品だなって思いますね。

MIX(ミックス)第3話『明青学園なんて』ネタバレ

STORY
投馬と走一郎の活躍でかろうじて地区大会を勝ち進んでいく野球部。これでエースが変わればかなりいいチームになりそうなのだが、それでも監督の考えは変わらない。抗議した夏野は、不満なら退部届を出すことを進められる始末だった。二人は明青学園以外の高校に進学することも考え始める。更に、可愛らしく成長した音美に多くの男子たちが近寄ってくることも立花兄弟の新たな悩みとなっていた。
試合で投げる二階堂先輩

引用:MIX

相変わらずOB会長の息子という立場を利用してエースとしてマウンドに立つ二階堂は、練習試合で5回を投げ終えると試合終了を待たずに帰ってゆく。

練習だけじゃなく、試合までも時間制限があるとは、二階堂先輩やりますねー。

中学では7回までしかイニングがないので、試合時間は2時間程度。
5回まで投げ終えたら途中で帰るって、規律を重んじる野球ではちょっと異例過ぎる。

試合の途中で帰った二階堂先輩をみる、走一郎と投馬。

引用:MIX

それでも投馬と走一郎の活躍でそこそこいい試合をする野球部。

明青中学のメンバーは意外と守備もしっかりしてるから、投馬と走一郎が主軸で活躍してくれれば、結構いい線いく感じはするんだけど、二階堂の控えピッチャーがヘボ過ぎる。

 

試合後、走一郎は当然のように女の子とデートに出かける。チームメイトの駒に、「モテる男が動き回ると周りが迷惑する」からと走一郎に注意してくれと文句を言われる投馬。

走一郎へのヒガミにしか聞こえないよなー

中学の野球部だったら、大体一人くらいは走一郎みたいにモテる奴がいる。僕は野球に支障がなければいいんじゃないって思ってたな。

投馬と走一郎が素振りをしている

引用:MIX

デートを終えた走一郎が帰ってくる。一緒に素振りをしながら、投馬をエースにして後ろのピッチャーを整備すればチームはもっと強くなれるという考えを話す走一郎。しかし、今のメンバーで突然強くなったらいかにデタラメなチーム作りをしていたかが周りにバレてしまい、そうなると二階堂親子と監督は困ってしまうわけで……。もしかしたら高校生になってもこのまま?と、最悪の予想をする走一郎に、投馬はそこまで付き合うつもりはないと答える。もしこのまま状況が変わらなければ、明青学園以外の高校に進学することも考え始める二人。そして始まる全国中学校軟式野球大会の地区予選。明青学園中等部はここ20年ほどいつも地区ブロック予選で敗退していた。だが今年は、立花兄弟やキャプテンの今川が活躍して勝ち上がっていく。

投馬をエースにしただけでも、そう簡単に打たれないだろうし、予選の1回戦・2回戦レベルなら、夏野一番を使えばいいしね。

どうやってこの難題を解決していくんだろう。

秋からはエースとして試合ができたとして、高校に入っても二階堂先輩が邪魔をしてくるなら、ホント明青学園以外でレギュラーになった方がいいよ。

そして始まる全国中学校軟式野球大会の地区予選。明青学園中等部はここ20年ほどいつも地区ブロック予選で敗退していた。だが今年は、立花兄弟やキャプテンの今川が活躍して勝ち上がっていく。それでも考えを変えず、いつも通り二階堂をエースとして使い続ける監督。不満がたまった夏野が抗議に行くが、嫌なら退部届を出せと言われて追い返される。そんな中でもどうにかこうにか地区ブロック代表決定戦まで進出するが、ほとんどツキだけて勝ち上がった状況に不満そうな投馬。一方、走一郎は、プライドの高い二階堂が自分のリードに素直に従っていることを不思議に思っていた。更に二階堂のここ一番の集中力と勝負に対する異常な執念にも関心を向ける走一郎。そんな話をしていると、音美が投馬をパンチの予防注射に誘って二人で出かけてしまう。残された走一郎は、帰宅した父親の英介にキャッチボールに誘われる。走一郎が死んだ実の父親とキャッチボールをしたことがないということを聞いて驚く英介。どうやら英介は走一郎の実の父親について何かを知っているようなのだが……。

こんな監督いるよね。
自分の采配にケチをつけるなら辞めろという奴。

二階堂親子と監督は完全に野球部を私物化しているけど、二階堂先輩の執念は何だろう?意外と父親との思い出的な何かがあって、それを叶えるために野球やってるって、実は良い奴だった的なオチになるのかな。

どちらにしてもその執着心は気になります。

それよりも走一郎の実の父親と英介に、何かしらの接点?があったのか、キャッチボールをしたことがない理由を知っている模様。

走一郎の実の父親も明青学園との関わりがあるのか?
今後の展開が楽しみですね。

MIX(ミックス)第4話『交換(トレード)してえなァ』ネタバレ

STORY
なんのかんので勝ち進み、20年ぶりに都大会出場を果たした投馬と走一郎。だがその前には期末テストが立ちはだかる。駒から音美とのデートをかけた戦いを挑まれた投馬は、全力でテストに挑む!そして始まる都大会一回戦。相手は一級品のカーブを決め球に持つ強敵・西村拓味。……のはずが、最初に出てきたのは控え投手!?こうなったら相手がエースを温存している間に大量得点を取るしかない!

ブロック大会決勝戦を前に緊迫する投馬と二階堂。ケンカする気満々の投馬だったが、二階堂はそれをスルーしてさっさと帰ってしまう。

迎えたブロック大会決勝戦。ここ一番の集中力と執念でまさかの完封勝利を収めた二階堂は、投馬と走一郎に「自分がこのチームのエースだ」と宣言する。

二階堂先輩が走一郎を探している時に起きた出来事です。

走一郎がグラウンドにはいないので、投馬に尋ねたところ、実の父親の命日だと告げる。だがそのことを知らなかった二階堂先輩は、ちょっとキレ気味。

練習後に監督と部員に伝えてるけど、1時間で帰る二階堂先輩はいませんでしたよねーって感じの、嫌味を言ってました。

こがね
いなかった二階堂先輩が悪いよなー

色々あったが、とにかく20年ぶりに都大会出場を決めることが出来た明青学園中等部野球部。だがその前に期末テストがあった。駒から音美とのデートをかけてテストの点数勝負を挑まれる投馬。本人は断るが、走一郎がOKしてしまう。結果、全力で勉強した投馬はクラスで5位に入り、見事に駒に勝利する。本気を出した投馬を褒める走一郎の様子を見て、音美も機嫌がいい。

駒くんと投馬の成績は5点差らしく、それほど大きな差はないみたい。

走一郎があっさりとOKにした時は、さすがにビックリ。
結果的にクラスで5位になったけど、よっぽど投馬のこと信頼してるんだろうね。

テストが終わり、改めて都大会一回戦の相手を研究する投馬と走一郎。相手のエースは、一級品のカーブを決め球に持つ男・西村拓味。予選でほとんど点を取られていない強敵だった。一方、明青学園の背番号1・二階堂は、最近は全然練習に出てこない。

それにしても二階堂先輩は都大会に出場したからって、調子に乗っているのか練習にも来なくなるし、特に投馬は不満が相当溜まっている感じ。

「うちの背番号1の調子は?」と走一郎に聞くと、「球威も、キレもないよ」といつにも増して大したことなくて、走一郎も呆れてしまう。

試合前日、やっと顔を出した二階堂は一言の侘びもない上、いつにも増して球威もキレもない。そして始まった一回戦。ところが試合時間になっても二階堂は姿を現さず、マウンドには控えのピッチャーがあがる。だが相手も、長く低迷が続いている明青学園を舐めているのかエースを温存してくる。 ならば今のうちに取れるだけ点を取るしかないと張り切る投馬たちは、見事先制点を奪取。が、あっという間に同点に追いつかれ、そのまま一気に逆転される。それでも駒のバットで再び逆転すると、ついにマウンドに相手エース・西村を引きずり出す。その後もちょっとずつ点を返されるが、投馬と走一郎の活躍で辛うじてリードを守り続ける。そんな二人の実力を認めた西村は、マウンドで「交換(トレード)してくれねえかなァ」とつぶやきながら本気の勝負を挑んでくる。

ついに出てきましたね。
父親の顔にソックリ!血は争えないな。

白熱する好ゲームはいよいよ後半に突入。その時、投馬と走一郎はスタンドにOB会長の姿を見つける。嫌な予感がしてベンチを見ると、そこにいたのは背番号1を付けた二階堂だった。当然のように投手交代は行われ、マウンドにあがる二階堂。迎えるバッターは相手の4番西村。しかし二階堂のボールは、フルスイングした西村のバットに当たり、遠い夏空に吸い込まれていった。同点に追いつかれた明青学園。ここからが本当の勝負だ?

5月4日17:29まで「ytv」で無料放送されてます。
リアルタイムの放送を見逃した方は、放送されてから1週間は無料で見れますよ。

MIX(ミックス)第5話『ピッチャーだろ?』ネタバレ

STORY
西村にホームランを打たれながらも必死に守る投馬と走一郎。5回を終わってかろうじて同点で踏みとどまっていた。しかし一級品のカーブを決め球に持つ相手エースの西村の前に、打線は全く歯が立たない。更に6回には二階堂も力尽き、あっという間に5点差をつけられてしまう。最終回の攻撃に全てをかける明青学園。一方その頃、立花家では、大山という変な男が二人の父・英介を訪ねて来ていた。

都大会一回戦、5回の裏に西村にホームランを打たれながらも必死に守って同点で踏みとどまる明青学園。だが相手エースの西村の前に打線は全く歯が立たず、追加点を取ることが出来ない。

一方、6回のマウンドに上がった二階堂は、感慨にふけるように球場をぐるりと見回すと、投馬に視線を向けて笑みを浮かべる。

水神の攻撃が始まるとめった打ちにされる二階堂。走一郎はベンチを見るが、監督の黒柳は動く気配もなく、結局5点を奪われて逆転されてしまう。

最終回の攻撃が始まるとき、二階堂の姿はすでにベンチになかった。それでも黒柳は何も言わず、投馬と走一郎の夏は終わった。

投馬がサード強襲の当たりをキャッチ

引用:MIX

二階堂先輩にピッチャー交代してから、水神にめった打ちでした。5回裏の守備では満塁になるも、野手陣のファインプレーに助けられ、よく1失点で抑えられたものです。

6回裏の守備の時に、二階堂先輩が球場を見渡すシーンがあるのですが、それもそのはず。二階堂先輩たち3年生は、中学最後の大会だから、そりゃー感慨ふける気持ちにもなりますよね。

その頃、立花家では、大山と言う変な男が英介を訪ねて来ていた。

大山は父・英介の高校時代の野球部のキャプテンであり、走一郎と音美の実の父・澤井のことも知っていた。澤井は、英介たちの後輩だったのだ。

父の同級生「大山」

引用:MIX

「肉」と書かれたTシャツ着たオッサンは、投馬の父・英介と明青学園で、一緒に野球をした仲間だった。そして走一郎の父・澤井圭一は2学年下で、明青学園野球部の後輩だったとは。

立花真弓と再婚してから、元旦那が澤井圭一だと知ったと父・英介が言っていたので、どうやら明青学園と澤井圭一の間で何かあったことは確実ですね。

走一郎は父・澤井圭一と、キャッチボールをしたことがないと3話で言っていたことから考えると、野球部を追い出されたとか?もしくは野球を断念しなければならない辛い過去があるとか?

どちらにしても過去の明青学園に何があったのか、その辺も気になります。

大会が終わった後、西村が立花家を訪ねてくる。投馬と走一郎の才能を高く評価する西村は、二人に名門・勢南高校で一緒に甲子園を目指そうと誘いに来たのだ。

進路について色々考えていた2人は、とりあえず勢南の監督である西村の父親に会ってみようと勢南高校に向かう。西村の父は、かつての明青学園の上杉達也のライバル・西村勇だった。

父親に投馬と走一郎をサードとキャッチャーと紹介する西村。しかし、西村監督は投馬がピッチャーだと知っていた。明青の黒柳監督から優秀な投手だと聞いていたというのだ。

走一郎に「実力次第で息子以外にエースナンバーをつけさせる気はあるのか」と尋ねられた西村監督は、「息子以上のピッチャーなんてものはあり得ない」と答える。その傍で投馬が物凄いボールを投げてみせる。

驚く西村親子に、投馬とバッテリーを組むから西村とは組めないと言う走一郎。それを聞いた西村監督は、縁が無かったと大笑いする。

ゴロゴロしている投馬に音美が掃除機で吸い込むシーン

引用:MIX

投馬が家でゴロゴロしているところに、音美が掃除機でTシャツを吸い込むシーンは、おもわず笑ってしまった。タッチでもこんなシーンあったような。

しかも走一郎が読んでいる漫画は『H2』の1巻。ちょいちょい宣伝入れてくるところも、あだち充って感じで好きだなぁ。

西村が立花家に訪ねてくる

引用:MIX

昔よりも顔立ちがマイルドな表現になってる感じはあるけど、相変わらずブサイクだ。

 

三人で勢南高校に行く

引用:MIX

3人で勢南高校に行くシーンで、須見工業(略:須見工)が健丈(けんじょう)高校に名前が変わったことを知った。ショックです。

「タッチ」では上杉達也と野球でも恋でもライバルだった、高校球界きっての逸材で、アイドル的な人気を誇る新田明男(にったあきお)がいた高校。

やっぱ明青、勢南、須見工で甲子園を争う展開が見たかった。「タッチ」を見たことがあれば思い入れがあるから、ちょっと残念。

サングラスをかけた西村

引用:MIX

昔の面影ありますね。
ヒゲが生えてるのと、サングラスをかけてるから、貫禄は出てます。

高笑いする西村監督

引用:MIX

実力があれば投馬がエースになれるかと聞く走一郎。だけど親バカの西村は、息子以上のピッチャーはありえないという。

よくあるよね。
どこの野球部でも監督とかコーチの息子は、実力無くてもレギュラーになるケースってあるある。ピッチャーで4番にしたい親って多い。

明青学園に思うところがある西村監督は、自分が監督になってから一度も明青には負けたことがないと言い、「クソ弱ぇ野球部になっちまったもんだ」とボソリとつぶやく。帰り道、他人が明青の悪口を人に言ったことに腹が立っている投馬。一方、走一郎は黒柳監督が投馬を西村以上のピッチャーだと周りに言っていたことが気になっていた。その頃、立花家の前で頭を下げる黒柳の姿に気が付く音美。黒柳の真意は一体……。

明青が勢南に負けるシーン

引用:MIX

西村が過去に明青学園と戦った時の回想シーンですが、ちょっと違和感。

最終回にフォアボールで押し出しで勢南が勝ったけど、ノーヒットノーランに抑えられた有名なシーンです。確か明青と勢南との戦いって、明青学園のグランドで練習試合だったような…

明青のバカ監督がスーツ姿で謝罪?

引用:MIX

黒柳監督が立花家の前で頭を下げてるし。
これまで二階堂先輩をエースにし、チーム内で非道な采配をしてきたことを謝っているんだろうけど、強引なことをやってきた理由がありそうな予感がしますね。

二階堂先輩は実は重い病気だったとか?
それで練習も短く切り上げさせていたとしたら、納得いくかも。

もしかしたら大人の事情があったのかもしれませんね。
実際はどうなのか、今後の展開が気になります。



MIX(ミックス)第6話『春がくれば』ネタバレ

STORY
今川キャプテンに誘われて病院に向かう投馬と走一郎。入院していたのは、二階堂だった。初めて明かされる二階堂の秘密。そして全てを知っていた黒柳監督は、何も言わずに明青学園を去って行く。皆の思いと共に受け継がれる背番号1。ついにエースナンバーを背負った投馬がマウンドで躍動する。一方、明青学園高等部の野球部に、美人の一人娘と共に新監督が赴任して来る。
二階堂先輩の家の前にる投馬

引用:MIX

二階堂先輩の家を覗き込む投馬だったが、父親の会社の社員2人から「何をしているだ?」と声をかけられている。

そりゃそうだ。
中学生とはいえ、他人の家を塀越しに覗き込んでいれば、怪しいやつと思われても仕方ない。

二階堂家に不幸はなかったと話す投馬

引用:MIX

二階堂家には不幸はなかったと話す投馬だけど、二階堂先輩に起きた不幸は、ほとんど「奇跡」だったらしい。

やはり二階堂先輩には何かがあったんですね。
しかも奇跡というレベル。

二階堂先輩の父親はピッチャーだった

引用:MIX

二階堂先輩の父親は、明青学園でピッチャーをしていたことがわかりました。
中・高の6年間ピッチャーをしたが、エースナンバーはつけたことがないようです。

40歳を過ぎでできた一人息子が、二階堂先輩。
野球を始めた時の親バカぶりはすごく、人目をはばかることなく天才と自慢。中等部の1年の時に息子がつけた背番号「1」を見て号泣したらしいです。

こがね

自分の子供が好きな野球を始め、しかも出身校の野球部で、自分がつけることできなかった背番号「1」をつけた姿を見たら号泣しない親はいないと思いますね。

だからその気持ちすごくわかります。

しかしエースナンバーをつけてから、わずか半年。
二階堂先輩の心臓に異常が見つかったそうです。

こがね
え、だから1時間で帰ってたのか!!
音美の水着シーン

引用:MIX

場面が変わって音美ちゃんの水着シーン。
夏だからね。

Twitterでもあだち充っぽいサービスカットで反応がありました。

音美がプールに行ったことを知り、追いかけてきた夏野

引用:MIX

音美がプールに行ったことを知り、追いかけてきた夏野。
それにしてもこいつはよく音美につきまとうなぁー

ここまでくると勢南高校の西村といい勝負だな。

二階堂先輩の病室で事情を聞く

引用:MIX

 

手術の成功確率は、ほんの数パーセントと言えるくらい、本当に奇跡といえる手術だったらしい。

自分のことを天才と信じて疑わなかった父親に対する親孝行をするため、1日でも1試合でも多くエースナンバーをつけた姿を見せることだった。

しかも二階堂先輩の心臓病については、親戚と黒柳監督だけ知っていて、天才と疑わなかった父親の夢を壊したくないという親友の気遣いで、黒柳監督は二階堂先輩をピッチャーとして使い続けてたのだ。

こがね

もし俺が黒柳監督と同じ立場だったらどうだろう?
その息子を使い続けれただろうか?

そう考えると黒柳監督はあえて嫌われ役を買って出ても、親友の夢を守りたかったんだね。とても複雑。

立花家にくる二階堂先輩の父親

引用:MIX

背番号1を受け取る投馬

引用:MIX

二階堂先輩の父親が立花家に訪問。

どうやら二階堂先輩が投馬に背番号1を渡すように言ったらしい。そして明青学園の伝統で、1日だけ前エースの背番号をつけて、その後に新しい自分の背番号をつけるそうだ。

エースの意思を受け継ぐって儀式って、なんか青春!
野球ってこんなのあるからたまらないっすね。

スコアボード

引用:MIX

あと少しで完全試合だったと投馬が駒にいう

引用:MIX

二階堂先輩から背番号1を引き継いた投馬は、公式試合でノーヒットノーランを達成する。でも駒がエラー2をしなければ、完全試合だったと言う。

中学の試合だと7回までなので、ちょっと不満そうな投馬でしたね。それでも十分すごいことなんですけど、本人からしてみたら、これくらいの対戦相手では当然と言った感じなのかもしれませんね。

明青学園中等部の監督代行

引用:MIX

ちなみに前監督である黒柳監督から、三上監督代行にバトンタッチしましたが、どうやら野球のことは、全くの素人って言った感じみたいですね。

試合中なのに漫画本で野球の勉強をするくらいだし、見た目も文化系って感じ。

それにしてもちょくちょく自分の作品がアニメに登場しますね。それでこそ「あだち充」って感じです。

音美の運動会姿

引用:MIX

時間はドンドン進みます。

中学校の運動会ですが、音美ちゃんのブルマ姿にはびっくりしました。今はほとんど短パンジャージ姿じゃないですかね。

これは完全に作者の趣味なのかな。
ファッションでも12年周期で一周するって言いますから、女子も短パンになって15年くらい立つので、そろそろブルマ姿がトレンドになるのかもしれませんよ。

音美の写真を壁に貼る西村

引用:MIX

親子揃ってストーカー気質な西村。
なかなか自宅の壁一面に、好きな女の子の写真を拡大してまで飾ることはないですね。

僕がこれくらいの時は、学校で張り出される購入用の写真を、こっそり注文して密かに持ってましたが、西村みたいに堂々とはできませんでした。

ある意味ここまで振り切っていると、清々しい気持ちにならなくもないですね。

引っ越してきた大山春夏

引用:MIX

そしてついにもう一人のヒロイン『大山春夏(おおやま はるか)』の登場です。

九州から引っ越してくるため、荷物を新居に持って行くシーンです。ダンボールの中にはたくさんのグラブやボールが入っています。

ボールを落としてしまったところに、パンチと散歩をしていた走一郎が偶然居合わせます。

ボーぜんと立つ走一郎

引用:MIX

大山春夏に落としたボールを手渡しますが、このボーぜんとした立ち姿。モテモテの走一郎でもあるんですね。

これは完全に一目惚れですね。

第6話は5月18日17:29まで「ytv My Do」で無料視聴できます。
リアルタイムの放送を見逃した方は、放送されてから1週間は無料で見れますよ。

今週放送の第6話が掲載されているコミックは3巻です。
amazonのKindleだと、いつでもどこでもスマホで読むことができます。



MIX(ミックス)第7話『心配?』ネタバレ

STORY
明青学園高等部に進学し、甲子園への道を歩み始めた投馬と走一郎。厳しい練習を終えて帰宅すると新監督の大山が遊びに来ていた。何も知らない投馬が洗面所の扉を開けると、着替えている最中の春夏と遭遇。慌てて扉を閉めるが、春夏のことが気になる走一郎に裸を見たのかと問い詰められる。そのやり取りを微笑ましそうに見ている春夏。一方、音美も春夏の存在が気になるようで……。

季節は春。
自宅から道路を渡れば、1分で着く明青学園高等部。

教室で出席を取っている担任に「立花」と呼ばれ、辺りを見渡すが投馬は見当たらない。するとタイミングよく教室扉を開けたのは投馬だ。

パンを咥えたまま教室に入ってきたから、担任の先生に「食事は家で済ませてくるように」と注意を受ける。

「次からは2分前に家を出よう」と全然懲りてない様子。

1限目の授業の準備をしようと、カバンから荷物を出そうするが、筆箱を床に落としてしまう。

落ちた拍子に筆箱の中に入っていた、鉛筆や消しゴムが飛び出した。それを取ろうと手を伸ばした先には…

スラッと伸びる綺麗な足。
つい足からスカートのほうへと視線を移す投馬。

落ちた消しゴムを拾ってくれた女の子は、九州から転校してきたばかりの「大山春夏」だった。

その美貌にクラスの男子が大山春夏に群がるが、めっちゃくちゃ体格のいい男子に一掃されてしまう。

その体格のいい男子とは。

大山春夏と同じ中学から転校してきていた「南郷四郎」だ。

大山春夏の父親である大山監督を中学時代から慕っており、一緒に野球がしたくて転校してきた。

放課後、野球部の練習中に南郷がバッティング練習をしている最中。野球部の練習を見学に来た大山春夏に、野球部員たちが群がるが、勢い余って飛ばしてしまいましたと言わんばかりに、バットを放り投げる。

大山監督と一緒に野球がしたいんじゃなくて、「大山春夏と離れたくなくてついてきただろ!」ってツッコミたくなるくらい嫉妬心が強いみたい。

そんな南郷くんですが、実はゴキブリが大の苦手。

部室に出たゴキブリに裏返った声で叫ぶ。何かあったのかと駆け寄った投馬と走一郎も呆れ顔。

見た目の割に男らしくない南郷くん。九州って虫がいっぱいいるイメージだけど、ベンチに飛び乗って動けなくなるくらい驚いてる。

ゴキブリを好きな人はあまりいないだろうけど、怯えるほど虫が嫌いなのは、子供の頃に何かトラウマでもあるのかもしれないですね。

自宅に帰ってきた投馬と走一郎。

投馬は部室に出たゴキブリを退治した際に、手を洗うのを思い出した。すぐに洗面所に行くよう走一郎に言われる。

リビングの扉を開けた走一郎。音美が「大山春夏さんが風呂を使ってるから洗面所は入らないように」と注意する。

すでに洗面所に手を洗いに行ってた投馬は、洗面所の扉を開けてしまう。そこには大山春夏が着替えている途中だった。

何が起こったのか事態を把握できない投馬。おそらく10秒くらいは時間が止まったように動けなかったみたい。

廊下をぼーっとしながら歩いていた投馬に走一郎が「大山春夏の着替えを見たのか?」と詰め寄る。

「えーっとそれは…」と、よそよそしい態度をとっている投馬。そこに着替え終えた大山春夏が登場。

「見られたのは一瞬で、すぐに扉を閉めてくれた」と走一郎に伝えるも、「投馬の動体視力は、学校で1・2を争うレベルだ!」と、隅々まで見えてると興奮気味に話す走一郎。

普段冷静な走一郎ですが、大山春夏のことになると、完全に余裕がなくなるみたいです。

 

第7話は5月25日17:29まで「ytv My Do」で無料視聴できます。
リアルタイムの放送を見逃した方は、放送されてから1週間は無料で見れますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です