かつて神だった獣たちへ【アニメ】見逃し動画1話〜全話無料視聴とネタバレも

かつて神だった獣たちへ

こんにちは。
KOGANEです。

2019年7月1日より「かつて神だった獣たちへ」が放送開始します!

別冊「少年マガジン」で2014年から連載をしている作品で、兵器として獣になった兵士が、神として崇められるほどの存在だったが、いつしかそれは疎まれる存在になってしまう。

その心理描写とダイナミックな戦いが魅力的な作品なだけに、アニメとしてどのように表現するのかとても楽しみです。

「かつて神だった獣たちへ」とは?

パトリア大陸に生まれた民主主義国家【パトリア】。
経済的不一致から【北部パトリアユニオン】と【南部パトリア連合】に分裂したこの国では、長きに渡る内戦が続いていた。劣勢に追い込まれた北部は、南部打倒のため、遂に禁忌の技術を用いてしまう。人間を異形の兵士へと造りかえるその術は、人の姿と引き換えに、神にも喩えられる力を得るというもの。その力により長き戦乱は、和平へと導かれる事となった。

【擬神兵】、それは【神】と称えられた救国の英雄。

時は経ち、戦争が過去へと移り変わる今。
人の姿と引き換えに【擬神兵】となった者たちは、その過ぎたる力故、
人々からただ【獣】と称ばれ、恐れ蔑まれる存在へと変わっていた。

元擬神兵部隊の隊長・【ハンク】は、【獣】に身を堕としたかつての戦友でもある【擬神兵】を殺す者【獣狩り】として旅を続けていた。擬神兵だった父の仇を探す少女【シャール】はハンクと出会い、父の死の意味を知る為、共に旅することを決意する。やがて知る、戦い続けなければならない本当の理由。そしてハンクが探す【獣を解き放った男】の存在。

仲間殺しの罪を一身に背負い続けていく【ハンク】の旅路の行き着く先とは?

かつて神だった獣たちへ【公式】

国を守るために擬神兵になったけど、行き過ぎた力が自分たちへと向かないうちはいいけど、次第にみんな怖がってしまったんですね。

それにしても何故かつての戦友を殺すのか?
ハングに殺されたシャールの父親の死の意味とは、何なんでしょうね?

こがね
どうやって疑心兵になったのかも気になります

「かつて神だった獣たちへ」PV

「かつて神だった獣たちへ」の放送時間や放送局は?

2019年7月1日(月)よりTOKYO MX・MBS・BS11他にて放送開始します。

「かつて神だった獣たちへ」は、放送される局数が少ないので、地域によっては見れないことがあります。どの局から放送されるのか、しっかりチェックしておきましょう!

放送局 放送日時
TOKYO MX 7月1日より毎週月曜
23:00〜
BS11 7月1日より毎週月曜
23:00〜
MBS 7月2日より毎週火曜
27:30〜
AT-X 7月3日より毎週水曜
23:30〜

TV放送を見逃してしまったら?

FODにて独占放送!

オンデマンド放送では「FODプレミア」のみとなります。

ドラマ・アニメ・バラエティ・映画など対象商品が見放題で月額888円(税抜)ですが、今なら初回1ヶ月間は無料となってます。

お得に利用することができます。もし数話見逃した方は、一気見で追いつくのも賢い方法です。

「かつて神だった獣たちへ」のOP・ED曲は?

オープニングテーマは、まふまふ「サクリファイス」

ネットシーンに現れた稀代のマルチクリエイター。
動画投稿サイトやSNSにおいて、圧倒的人気を誇る。
YouTubeチャンネル登録者数160万人以上、Twitterのフォロワー数は150万人以上。
投稿される動画は、オリジナル曲、歌ってみた、バラエティ等多岐にわたっており、YouTube・ニコニコ動画合わせて総再生数8.5億を超えている。
歌唱、作詞、作曲、編曲、エンジニアリングまで行い、また様々なアーティストへの楽曲提供も行なっている。
その類まれな才能と世界観は多岐にわたる評価を受け、中国の動画サイト・bilibiliでも登録者数が30万を超えるなど、日本のみならず海外でも支持を得ている。
なお、肩書きは「何でも屋」である。

かつて神だった獣たちへ【公式】

エンディングテーマは、Gero X ARAKI「HHOOWWLL」

兵庫県生まれ。
ロック・アニソンシンガー。
力強いパワフルな歌声で、低音からハイトーンまで4オクターブを歌い上げる幅のある歌唱力に定評がある。
動画投稿サイトにて自身が投稿した歌の動画が話題を呼び、歌手としての活動を開始。
2013年にTVアニメ「BROTHERS CONFLICT」OP曲「BELOVED×SURVIVAL」でメジャーデビュー。
同じくTVアニメ「東京レイヴンズ」OP曲やTVアニメ「鷹の爪団」ED曲、TVアニメ「スタミュ」のOP曲「DREAMER」を担当。
他、ポケモントレッタの歴代テーマ曲やドラマ、ゲーム等のタイアップを多数担当。
精力的にLIVE活動を行っており、毎年バンドを引き連れて全国ツアーを敢行。
アジアを中心に海外での認知度も高く、海外公演も増加中。
また、関西仕込みのトーク力を活かし、各種メディアでMCやパーソナリティとしても活躍している。

かつて神だった獣たちへ【公式】

原作コミックを先読みしたい人は?

コミック

「かつて神だった獣たちへ」のコミックは、現在(2019年6月28日)では9巻まで発売されています。

「放送まで待ってられない」って方や、単行本を購入している人は、amazonでまとめ買いすると、最大で10%をポイントでキャッシュバックされます。

Kindle

通学・通勤中にささっと読みたいって方は、電子書籍のKindleがオススメ。僕もバスの移動中が暇なので、スマホに入れたKindleアプリからマンガを読んでます。

かつて神だった獣たちへ 第1話『かつて神だった獣たちへ』ネタバレ

STORY
【北部パトリアユニオン】と【南部パトリア連合】。永きに渡る内戦に終止符を打つべく、【北軍】は禁忌の力を用いる。【擬神兵】、その神にも喩えられる力により、戦局は一気に覆ることとなる。【擬神兵】は戦場に勝利をもたらし英雄として迎えられたが、人には過ぎるその力は諸刃の剣でもあり、輝かしい戦果の裏で【擬神兵】たちの運命は次第に狂っていく。そして、【擬神兵部隊】隊長【ハンク】はある誓いを立てる。

新大陸PATRIA(パトリア)。
旧大陸からの移民で民主義国家ができた。

新たに発見されたエネルギー鉱石「ソムニウム」を巡って、北部:工業都市軍(パトリアユニオン)と、南部:鉱山都市軍(パトリア連合)が争い、いつしか国を二分する内戦が始まってしまった。

人口の多い南軍の優勢が続いたが、その戦況を変えるため禁忌を使って生み出された。
南軍と交戦中の最中、突如戦場に現れ、白い軍服を着た10人くらいの集団。

この者たちが擬神兵。

劣勢だった戦況を、隊長の号令で一気に変えていく。
その強さは圧倒的で、次々と南軍の兵士を倒す。

上官である少佐に勝利の報告をする。
戦況をひっくり返したことを褒めていたが、裏では「うまく使ってやればいい」と、どこか擬神兵をよく思っていない様子。

擬神兵の隊長「ハンク」がテントに向かうと、そこには若い女性が。
症状が進行している兵士はいないかと心配している様子。

ハンクがエレインと呼んでいる女性。この人が擬神兵を生み出した張本人。

そしてハンクの隣にいる男性と、エレインの3人の幼少期の写真が飾られている。
どうやら3人は一緒に暮らしいた幼馴染のようだ。

外では擬神兵たちが人間の姿で宴を開いている。

擬神兵たちの体には、まだらな模様が出ている。
この模様は、エレイン博士が言ってた病状のようで、進行すると身体の表面が獣化の皮膚が侵食していくみたいだ。

兵士の一人が隊長のハンクに言う。
「いつになったらエレイン博士に気持ちを伝えるのか?」

その質問に「戦争が終わってから…」と回答。
男らしくない答えにみんなが呆れ顔。

その後も擬神兵たちは戦場で活躍する。
南軍との交戦で劣勢に追いやられていた地域を、次々と戦果を上げていく。

しかし突如異変が起きた。

三本首の大蛇の姿をした一人の擬神兵(アヴィ)が、突如敵味方の関係なく毒霧を撒き散らし、噛み付いたり、爪で引き裂いたりして殺し始めたのだ。

他の擬神兵たちの声も届いてない様子。

恐れた北軍の一般兵士がアヴィに向かって、一斉砲撃をする。

瀕死のダメージを負った擬神兵アヴィは、背面から倒れる。そこに隊長のハンクが駆け寄る。

傷の手当てをするため、救護班を必死に呼ぶが誰も動こうとしない。
バケモノを助ける奴なんていないといった感じだ。

隊長のハンクに「俺じゃない!身体が勝手に…」と伝えるアヴィ。

どうやら獣に意識を乗っ取られてしまい、暴走したようだ。
その瞬間、アヴィは右手で自らの顔を潰し、命を絶った。

その夜、隊長ハンクは仲間に一つの誓いを立てる。
「人間の意識を失ったものは、仲間の手で殺すこと」

これまで自らの姿を擬神兵と変え、そこまでして戦ってきたことを無にしないためだ。
泣きじゃくる隊員もいる。

その後も戦争は続いた。

擬神兵の活躍により、ついに南軍の首都までたどり着いた。
明日は、首都攻略戦。

隊長のハンクは皆の前で「明日はこれまで以上に大変な戦争になる」と伝える。

擬神兵たちの身体は、各地での戦争で擬神兵となって戦ってきたせいか、獣の姿のままの者もいれば、身体の3分の2ほど獣化している者もいる

首都攻略まであと一歩のところまできたが、皆の士気は低い。

その士気の低さに気づいたハンクは、、「この戦争が終わったら、エレインと一緒になる」と、みんなの前で宣言する。

その瞬間、みんなの顔から喜びが溢れ出す。

この戦争が終わり、みんなでエレイン博士との結婚をみんなに祝ってほしいと伝えたことで、「絶対に生きて見に行かなきゃ!」とはしゃぐ。

テントに戻ったハンクは、幼馴染の男と話をする。
戦争孤児だったハンクと、おぼっちゃまの幼馴染の男が、親友になるなって誰が思ったのだろうと、昔を語り合う。

そして幼馴染の男は、エレインが全てを抱え込んでいると伝える。

ハンクとエレインの二人は、戦争でボロボロに壊れた家の跡で会う。
エレインの口から予想打にしたいことを聞く。

それは明日、首都攻略が始まる前に戦争は終わること。
実は本部が秘密裏に停戦協定をしていて、パトリアを一つにまとめると言うこと。

その話しを聞いたハンクは嬉しそうに喜ぶ。
しかしエレインは嬉しそうではない。

それは戦争が終わった後、擬神兵の居場所はないと言う。

「それはどう言うことだ?」とハインはいうが、その瞬間エレインがハインを銃で打つ。

打った拍子に壁まで飛ばされたハンクは、特殊な銃弾のせいで、動きが制限されてしまっている様子。擬神兵はいずれ人の姿だけでなく、心も無くす。

そうなったら理性を失い、力を制御することもできず、人々を殺してしまうことになる。それを止める方法をエレインは必死で探していたが、ついに見つけることができなかった。

ハンクは優しいから殺すことができないだろう。
なので軍服を着た幼馴染の男と二人でこの場で皆を殺す。

そして最後は二人とも死に、擬神兵に関わった者が全て死ぬことになる。

しかし幼馴染の男に渡した銃がエレインの胸に。
その瞬間、エレインを撃つ。

そしてハンクも特殊な銃弾のせいか、意識を失う。

意識を戻したハンクは。
建物の中にいる。

扉をあけて大きな声で何か言っている女性は、軍服を着ている。
どうやら擬神兵の生命力の凄さに驚いている様子。

「ここは?」とハンクが言うと、軍服をきた女性が軍病院であると伝えてくれた。
そしてこの女性は、パトリアユニオン軍情報部所属ライザ・ルネキャッスル少尉であることも。

ハンクは銃弾を撃たれ倒れているところを救護されたようで、2ヶ月間も昏睡状態だったそうだ。その間に戦争は終わった。

「俺の部隊どうなった?」との質問にライザは、「そのことで聞きたいことがある」と言う。

瀕死の重傷で見つかった時、エレイン・ブルーレイク博士も姿を消した。ケイン・マッドハウスによって疑心兵も解散し、それぞれが望む場所に返された。

しかし次第に理性を失い、暴れ出す擬神兵も現れ、多くの人が殺されている。かつて神と呼ばれた存在が、今は人々に疎まれる存在にまでなっている。

幼馴染の男・ケインは終戦直後からどこにいるかわかっていない。
怒りで拳を握った手から血が滴る。

その瞬間ハンクは「ケイン!」と叫んで壁を殴る。壁が凹み、亀裂は走るほどの衝撃。それを見たライザは目が点になるほど驚いている様子。

「かつて神だった獣たちへ」のオンデマンド放送は「FODプレミア」のみの独占放送となります。

今なら初回1ヶ月間無料で対象の動画が見放題です。
この機会を利用して視聴しててはいかがでしょうか。

かつて神だった獣たちへ 第2話『竜の娘』

かつて神だった獣たちへ

かつて神だった獣たちへ【2話】「竜の娘」

2019年9月9日

かつて神だった獣たちへ 第3話『ミノタウロスの要塞

かつて神だった獣たちへ

かつて神だった獣たちへ【3話】「ミノタウロスの要塞」

2019年9月9日

かつて神だった獣たちへ 第4話『巨獣の猛進

かつて神だった獣たちへ

かつて神だった獣たちへ【4話】「巨獣の猛進」

2019年9月9日

かつて神だった獣たちへ 第5話『ガーゴイルの断罪

かつて神だった獣たちへ

かつて神だった獣たちへ【5話】「ガーゴイルの断罪」

2019年9月9日

かつて神だった獣たちへ 第6話『獣の王

かつて神だった獣たちへ

かつて神だった獣たちへ【6話】「獣の王」

2019年9月9日

かつて神だった獣たちへ 第7話『追憶の引鉄

かつて神だった獣たちへ

かつて神だった獣たちへ【7話】「追憶の引鉄」

2019年9月9日

かつて神だった獣たちへ 第8話『眠りの歌姫

かつて神だった獣たちへ

かつて神だった獣たちへ【8話】「眠りの歌姫」

2019年9月9日

かつて神だった獣たちへ 第9話『冥府の番犬』

かつて神だった獣たちへ

かつて神だった獣たちへ【9話】「冥府の番犬」

2019年9月9日

かつて神だった獣たちへ 第10話『二つの誓い』

かつて神だった獣たちへ

かつて神だった獣たちへ【10話】「二つの誓い」

2019年9月9日

かつて神だった獣たちへ 第11話『騒乱の嚆矢』

かつて神だった獣たちへ

かつて神だった獣たちへ【11話】「騒乱の嚆矢」

2019年9月9日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です